Factory BLog: 今日あったとは限らないが出来事についてリンクを交えて語る雑記 powered by blosxom
RSS feed meter for http://www.g-fact.jp/fblog/blosxom.cgi 最新記事
記事一覧
wiz MOEPA

2007年09月04日

太陽光線をレーザーに変換せよ(Slashdot)

つまりエイジャの赤石とか太陽(ザ・サン)」のスタンドが作れるようになったということで(絶対違)

"sunbeam-laser-convert-technology" Post: at 2007.09.04 21:18 to [/Factory BLog/freetalk]
この記事のコメントとトラックバック(現在 4 件)
この記事のURL 携帯用URL


・この記事のコメントとトラックバック

isibasi:
・いや賢者の石なら作れるかも。。 ( 2007/9/5 11:12:40 )
ヽ(`д´)ノ地上向けレーザー 
ちょいとそれると、大量XX兵器に。。??(゜△゜;) 
尊い犠牲で、賢者の石一丁上がり〜(=゜ω゜)ノ(絶対出来んしw) 
かって、ソロモン王の指輪には、 
レーザー衛星のコントローラーが仕込まれ、 
逆らう連中を、ことごとく殲滅していたとかいないとか。(単なる噂です(゜Д゜)w) 
実際、 
古代の超文明に必ずと言っていいほど登場する。 
レーザーエネルギー衛星。。 
コントロールが自動で、信頼性があれば問題ないのだろうが。。 
作動不良や、勝手にコントロールできたりすると、 
恐ろしい超必殺兵器に。。??(゜△゜;) 
 
既に、電気でレーザーを発生させる装置を積んだ衛星も実在する今日この頃。。 
太陽光でほぼ無尽蔵にレーザーを発生させるとなると、 
素晴らしい、エネルギーの未来が。。 
またレーザー反射加速が実用化されれば、 
フライバイではあるだろうが、 
近隣の恒星系に、宇宙船を送り込むことも可能となり 
(当然遠惑星の旅行にも使える。。) 
SFでしか見られなかったような、 
光景がすぐにでも見られるのでは? 
最大の問題があるとすれば、 
地球温暖化の今日この頃、CO2は減るであろうが。。 
畜熱量は、更に倍増って事になれば、 
クリーンエネルギーも両刃の刃となって、 
人類生存の危機に。。ヽ(`д´)ノ 
(蓄熱瓶に外からレーザーぶっ込むようなもの。。) 
過去の気象変動も、何処まで、自然現象だったか、疑問の点も。。 
古代文明の栄えた地域が、砂漠になっているのも、 
偶然とは言えず。。 
(実際、鉄文明は、燃料大量消費をともない、 
その為に戦争や、略奪がおきたといっても過言ではない。。) 
かって日本人が、 
日本列島に渡ってきた時、 
既に、大陸部では、燃料の為に木を切り過ぎて、 
鉄を作るのが、難しくなっていたと言う。 
その為、徹底した植林が行なわれ、 
燃料不足を補ってきたゆえ、 
鉄文明を維持できたと言うのが、 
日本の歴史からも見て取れる。。 
日本刀が、単なる鉄製品でないことは、 
最近の分析結果によって明らかになってきているが、 
太陽光レーザーで鉄を作る 
(実際は化学変化がいるので、エネルギーだけではだめなのだが) 
となれば、人類の歴史上では画期的なことに違いない。 
もちろんまがい物の日本刀を作っていては、 
せっかくの伝承技法も 
(日本刀のまがい物を自分の国が発祥の地だって作って売ってる国も。。 
当然そのような伝承をする為には充分な燃料=木材が必要なのだが。 
焼き畑農法の国でそのような木が育つわけが無い。。 
かって充分な国策もない現在のの日本の様だった大陸の国々が、 
ナショナリズム=国策を持ち始めたのは、ごく近代の話だし。。 
もっともアジアにナショナリズムを持ち込んだ日本が今は。。) 
錆びついてしまうだろうが。。。 
かって、火の出ずる国に 
鉄の火を求めてやってきた民が、 
今、新たなる火を。。 
ヽ(`д´)ノやりましたよお父さんヽ(`д´)ノ 
(激しく違うかもw(゜Д゜)) 
取りあえず、原子力発電先進国などと言う、不名誉は、改善して欲しいものではある。。 
(国策の無さが大量の核廃棄物を。。埋もれて日本人絶滅(゜Д゜)ってことにも) 
ガンガレ日本 
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸 
彷徨:
・その前に衛星打ち上げができんと思うが ( 2007/9/5 20:28:49 )
これで本当に衛星軌道上からの光線砲が実現したらどう見てもラピュタの(いかずち)です。本当に(ry 
 
先日の大地震で脆さが露呈した原発でスがその前からそもそも破綻が目に見えていたとか言われていたようですなぁ。原子力まわりはいろいろありまスが個人的にはそもそもいくら高効率でも後始末に困るようなものはどうかと思うのでスよ。 
現実的には代替となる新エネルギーは実現するまでに技術的・社会的にいろいろなハードルを乗り越えねばならないでしょうし、それまでは化石燃料でも核分裂燃料でもなんとか遣り繰って行かねばならぬというのが正直な所かも知れませんが、はてさてふむーん。
isibasi:
・いやわざわざ打ち上げしなくても。。 ( 2007/9/6 14:17:59 )
(゜Д゜)既に、あるレーザー衛星に取り付けるだけでいいと思われ。。 
修理交換と称してシャトルで部品で持っていけば、 
誰も気づかまいて。。ヽ(`д´)ノ 
早速計画せねば。。(って既に計画中かいw(´Д`;)) 
というか、その為にシャトルを軍事利用しているはずだし。。。 
スペースシャトルには、 
公開ミッシヨン以外に、 
非公開の軍事ミッションがあり 
正体不明の衛星やらが実在するのは事実で、 
レーザー装置そのものだけであれば、 
公開ミッション中に修理と称して、 
部品として取り換えることも可能なので。。 
実際、GPS衛星なんか、仕様が全部公開されているわけではなく。。 
民間利用と、軍事利用では精度も違う上に、 
簡単に、利用出来なくする事が可能 
(戦争突入時には仕様変更できるようになっています) 
実際乗用車用のカーナビで充分、 
戦略ミサイルのコントロールもできる現状を考えてみれば判る話ですが。。 
ラピュタの雷は、確か民間伝承を元にしたもので。。 
ラピュタは実在する民間伝承を、アニメ化したものだったかと。。 
(此のあたりは、元ネタが漫画のナウシカとは違います。。) 
もし、バベルの塔が、軌道エレベーターであったとしたら。。 
ステルスのレーザー衛星なんかあって当たり前というのが、 
ソロモン王の指輪の話にも出てくるのですが。。(あくまで噂ですw(´Д`;)) 
壁が崩れたのではなく、 
エネルギー衛星がコントロールを失い、 
エネルギー(単なる強化構造だけかも) 
障壁のエネルギー供給が途絶えたのだとすれば、 
かなりつじつまがあうかもです。。 
代替えエネルギー問題は、 
同じころ、始めたドイツとの差を見れば、 
いかに日本の努力が、偏向していたかが判ると思われ、 
(風力発電の数の差がすさまじい。。日本の方が条件もっと良いのだが。。) 
キャスク(燃料廃棄物)の1本ぶっ飛ばすだけで、 
ヨーロッパ全域が危険地帯になるというテロリストには常識の問題さえ、 
日本では話題にすらならずに、危険を承知のエネルギーとなっているのは 
今まで、運が良かっただけと済ませられない闇ではある。。 
そういう意味では日本にとっては、 
起死回生の(諸外国が認めればだが。。) 
エネルギー獲得策ともいえ。。 
既存の衛星に取り付ける方法であれば、 
打ち上げその物の抵抗も少なくなると思われ。。 
是非とも検討の余地があるのでは? 
(=゜ω゜)ノ 
isibasi:
・新エネルギーサイクル? ( 2007/9/26 18:3:38 )
(´Д`;)どうやら件の、 
レーザー既に地上において新エネルギーとなす、 
工夫がされているそうな。。 
既にかなりの実証がなされており、 
新エネルギーサイクルの実証プラント。。??(゜△゜;) 
まで計画されているそうだ。。。 
何と。。マグネシウムサイクル。。 
(いや。。フゲンのナトリウムサイクルじゃないから。。(゜Д゜)) 
酸化マグネシウムを高温レーザーで焼いて還元すると言う。。 
実際に還元その物は成功しているので、 
後は、大規模なレーザー設備と。。 
マグネシウム生産工場。。 
何と。。にがりをそのままレーザーで焼けば酸化マグネシウムが。。??(゜△゜;) 
更に焼けば、マグネシウム。。 
なんと。。既存のにがり生産技術だけでマグネシウム生産の基礎が。。。 
(もちろん高度なプラントであろうが。。。) 
でき上がったマグネシウムを反応させれば、水素が出来、 
それで、更に燃料電池の駆動が出来る、 
水素に比べ余分なタンクもいらず、 
金属であるためにかさばらない。。 
また燃焼温度も充分高い為、火災や、爆発の心配も少なく、 
持ち運びも普通に出来るので(勿論酸化防止処置はいる。。水と激しく反応するし) 
最終的に酸化した、マグネシウムもまた回収して、 
還元すれば、何回でも使える。。。 
しかも使うエネルギーが、太陽光で、地上でも充分出来るとあれば。。 
地球蓄熱瓶の心配も無く。。万事都合が良いのだが。。 
産業界の反応が今一つナノが気になる所。。。 
まあ、産業界としては、同時進行中の、レーザー衛星の方が、金がかかって 
ビジネスチャンスと言う所であろうか。。。 
こちらも実証試験はほぼ終了で、跡は試験衛星を打ち上げるノミとなっているようではある。。 
唯、今から衛星を作っても打ち上げは3年後位、 
更に、実際の衛星が打ち上げられるのは、もっと先の気の長いお話のようで、 
こちらの、地上で、マグネシウムサイクルを、今すぐにでも始められるのとは、 
(勿論、まだ実証レベルだろうが。。(´Д`;)) 
大きな違いだろう。。 
元々の、太陽レーザー、地上設備が、大掛かりで効率も悪かった為、 
殆どの外国の研究機関が撤退した中を、 
簡単な設備で、高効率なレーザー出力(何と2万度)を 
出せるようにした、日本の研究チームに、拍手 
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸応援 
来年には、出来立てほやほやのマグネシウムが(いや違うしw(´Д`;)) 
見られるに違いはない。。 
(ノ゜o゜)ノ 
ガンガレ 

・この記事へのトラックバック

・この記事にトラックバックを行う場合は、以下のURLにTrackback Pingを送信してください。


・この記事にコメントする

コメント/trackback spam対策を試験的に導入しております。投稿時に「403 Forbidden」と表示された場合は、管理者までご連絡を御願い申し上げます。
ご連絡があった場合はなるべく迅速に(事情のない限り当日中)、そうでない場合でも気付き次第(最短で翌日)復旧を行います。

・できる限りで動作確認は行っておりますが、設定調整の狭間やサーバ負荷状況によって稀にHTTP/500系のエラー(サーバエラー)が発生してしまうことがあります。万一発生した場合、少し時間を置いてから再度アクセスをお願い申し上げます。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

・基本的にいただいたコメントには極力応答いたしますが、必ずしも全てのコメントに応答しない場合があります。あらかじめご了承ください。

・ボケたら突っ込みましょう。

 
お名前:
URL/メールアドレス: [http://... or mailto:you@wherever] (省略可)
タイトル: (省略可)

・以下のように記述することで、特殊効果を使用することができます(テスト中機能)。

* … *
*で囲まれた部分を強調する
** … **
**で囲まれた部分を赤色をつけて強調する
[[ … ]]( … )
[[ ]]で囲まれた部分に、( )で囲まれた内容のルビ(振り仮名)をつける
(( … ))
(( ))で囲まれた部分を小さく表示する
行頭に >
引用としてその行を斜体で表示する
\*
強調表示しないで*を表示する


情報の取捨選択は自己責任でお願いいたします。

・主な情報元(Unicode順)
・ニュース系
BCNランキング
CNET Japan
excite News
Famitsu.com
impress Watch
Livedoor
Slashdot Japan
Wired Vision
Yahoo! Japan
・お気に入り
16連射のつぶやき
mochiめも
pya!
SWFBLOG
Time's ごはん
Wikipedia
うさだ
チャレンジ部
古今東西製品情報
舞軌内雑筆店
面白いサイトを見つけたよ。

直近2週間にコメントのあった記事
(別窓で開きます)

・Firefox/Mozillaユーザの方は、XHTML Ruby Supportをインストールされることをお勧めいたします。

・Factory BLog全般へのご意見・ご感想・苦情・ご要望等はこちらへ
半匿名メールフォーム
garagefactory@g-fact.jp [PGP KEY]
※ 個人が特定できない範囲内でネタにさせていただく場合があります。また、必ず対応が行われるとは限りません。予めご了承ください。

・こちらもどうぞ
Factory Log (携帯対応日記)
04年5月までの雑記
Garage Factory

RSS
・年月別の記事一覧:

2004年 (274)

6月 (67)
・7月 (38)
・8月 (29)
・9月 (37)
・10月 (36)
・11月 (32)
・12月 (35)

2005年 (756)

1月 (117)
・2月 (75)
・3月 (73)
・4月 (75)
・5月 (57)
・6月 (57)
・7月 (50)
・8月 (55)
・9月 (59)
・10月 (65)
・11月 (43)
・12月 (30)

2006年 (315)

1月 (52)
・2月 (52)
・3月 (38)
・4月 (18)
・5月 (12)
・6月 (15)
・7月 (20)
・8月 (23)
・9月 (24)
・10月 (23)
・11月 (29)
・12月 (9)

2007年 (172)

1月 (14)
・2月 (17)
・3月 (31)
・4月 (32)
・5月 (26)
・6月 (19)
・7月 (7)
・8月 (5)
・9月 (7)
・10月 (8)
・11月 (4)
・12月 (2)

2008年 (12)

2月 (7)
・4月 (2)
・6月 (2)
・8月 (1)

2009年 (2)

2月 (1)
・3月 (1)

2011年 (1)

2月 (1)
[00049983]